大型家具の配送を安く輸送する方法

大型家具を1番安く配送する方法

大型家具 引越し

 

大型家具 運送

 

大型家具 輸送

 

大型家具 配送

 

大型家具 引越し レンタカー

 

では大型家具を配送してくれそうな業者に依頼するには・・・?

 

大型家具

 

大型家具

 

大型家具 引越し業者

 

大型家具 引越し 軽トラック

 

自分で大型家具を運べば安く配送できる気がしますが、実はそうでもないかもしれません。

 

レンタカーはガソリンを満タンにして返却しなければならないため、返却前はとても気が焦ります。

 

時間に追われながら大型家具をトラックに載せ、自らが運転して運び、今度はトラックから大型家電を降ろして部屋に運び入れます。
これを1日に何度も何度もするとなると、翌日は多分動けないくらい疲労困憊(こんぱい)です。

 

大型家具は1人で軽トラックに載せられないものもあるので、友人知人家族に手伝ってもらうこともあるでしょう。
手伝ってもらった場合は、やはりお弁当やお茶、お菓子、そして少しの謝礼はしたほうが今後のためにも良いと思います。

 

それなら大型家具は業者に配送してもらいましょう!
大型家具を配送してくれそうなのは@宅配業者 A便利屋 B引越し業者 などが考えられます。

@の宅配業者ですが、大型の家財を運べる業者は大手宅配業者数社しかありません。
そのため費用がやや高めなので、1個だけを配送したい方にオススメです。複数配送には向きません。

 

Aの便利屋ですが、これは作業員1人当たりの作業時間で料金が決まります。作業が終わるまでいくらかかるかわかりません。
しかも車両費や養生費なども別途かかるため、最終的にいくらかかるかが最初の段階ではわかりにくいです。

 

Bの引越し業者は全国各地に大手から地域密着の業者まで数が多いですから、費用にもかなり差があります。
複数の大型家財がある、配送先が近所ではない方は引越し業者に依頼するのがオススメです。

実は引越し業者のサービスに、「自分で運べない大きな家財のみを運ぶ」というものがあります。

 

すべてを運んでもらうより費用も抑えられますし、何より仕事が早くて丁寧です。
キチンと家財を梱包して運んでくれますし、床や壁にキズがつかないように配慮もしてくれます。

 

一番安く大型家具を配送してくれる引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

大型家具配送

 

複数の見積でさらに安い!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安い理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

家具の安い配送

家の中には大きな家具が結構あります。
引っ越しや買い替えなどで大型家具を配送したいとき、できるだけ安いところにしたいと思いませんか?

 

そこで、大型家具を1番安く配送する簡単な方法を教えます。
大型家具を運搬してくれる業者は、引越し業者、宅配業者、便利屋などがあります。
いろいろと安い業者がありますが、オススメなのは、引越し業者に配送してもらう方法です。

 

引越し業者には、家具を1つから運ぶサービスもあります。運搬は得意ですからね。
家具の梱包はもちろん、物件にも傷をつけないように保護して輸送して運んでくれるのは引越し業者だけです。

 

そして1番安い方法として有効な、引越し業者一括見積もりを利用しましょう。

 

運びたい場所や運搬する家具の種類などの情報を1回入力するだけで、お近くの引越し業者から見積もりが簡単に取れて運送してくれるのです。

 

輸送だけではなく、いらない家具を処分してほしいなどの要望もオプションが出来ます。日用品でも大型の割れ物など処分に困るものは間に合わないといけないので依頼も検討しましょう。

 

大型のものを配送するために自分でレンタカーを手配しようか迷ったりしますが、本当に大変ですし物件を傷つけたり、自分が怪我をしてしまうなどのリスクが伴います。

 

大型家具はたとえ1つでも引っ越し業者に依頼して、お得にそして安全に配送してもらいましょう!

 

引っ越しを安い料金で輸送する方法

 

引っ越しの準備を進めたくても荷造りが進まない理由に料金がいつまでにいくら掛かるのかわからない場合が上げられます。コツ事つと片付けや処分を進めていけば大変ではないのですが、気分的に引越し業者が決まらず申し込みも行っていないと安心して手続きをすすめないで、進捗の違いが出てきます。

 

まずはひっこしの代金やプラン、配送方法を明確にしてやり方がわかった上で引っ越す手順を考えましょう。

 

まずはじめに引っ越しの目安となる平均の費用をすべておまかせした場合で較べて安いところをみてみましょう。時期によっても価格は大きく違いますが、口コミなどを参考にホームページの情報も合せてキャンペーンを較べてから業者を選択する選び方がおすすめです。
手順として大変そうに思うかもしれませんが、WEBを使った簡単な入力で引っ越しの料金がわかります。大型家具も自分で運ぶのは難しいですから、たくさんの引っ越し会社に料金の見積りを出してもらい安いを配送してもらいましょう。

 

そこで登場するのが一括見積です。運搬してもらうのに、いつから申し込みをすると安いかというと今です。

 

訪問見積もりや時間の工面をする時間もなく、いますぐに片付けの手を休めて料金の比較をしてみましょう。
大型家具を運ぶとなると得意な業者とあまり上手に配送できない会社があります。たくさん家具の運搬料金をみてみる一手間でどこがいいか評判はどうなのか口コミはよいのかなどさまざまなポイントを確認して輸送会社をめるのがいいです。
そして、やっぱり安い業者にするポイントはたくさん見積もりを取るのが家具を安く配送するポイントです。

 

一括見積もりのサービスはいくつかあります。その全てとまでは言いませんが、3つくらい申し込むととても安く家具を運んでもらう事が出来ると思います。
代表的な見積もりを紹介しておきますので、以下の3つの配送業者見積もりを登録して最短で疲れるような仕事がない引っ越しをしましょう。

 

 

 

引越し業者のオプションとは?

 

大型家具 オプション

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代との合計で成り立っています。
ではこの引越し業者の「オプション」にはどんなサービスがあるのでしょうか?

 

代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

中でも依頼が多いのは「エアコンの取り付け・取り外し」です。

 

エアコンは室外機ともつながっているため、自分でやろうと簡単に取り外しができません。
一般的には電気屋に来てもらってやってもらうのですが、段取りがとても面倒なのです。
引越し業者にオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

ピアノの運送は普通の家具を運ぶのことは異なり、専門のスタッフが必要です。
ピアノは大きくて重くて高価な楽器ですから、小さな引っ越し業者では場合によっては扱わないこともあるほどです。
ピアノがあるご家庭は引越しの見積もりの時に「ピアノあり」で見積もりを取ってくださいね。

 

荷物の一時保管は、家のリフォームや建替えの際に置き場所に困った家財を預かってくれるサービスです。

 

 

大型家具の種類と運搬方法

 

家の中を見回してください。
大型の家具は何がありますか?配送は大変ですよね。
洋服タンス・着物タンス・桐たんす・婚礼箪笥・ソファー・ドレッサー・学習机・ベッド・2段ベッド・ソファーベッド・テレビボード・本棚・食器棚・仏壇・ダイニングテーブルなど、結構沢山あります。

2段ベッドの運搬

大型家具を配送するのは自家用車では無理です。たとえバンでも家具の高さにひっかかって乗せられないのです。
しかしもし大型荷物が1つだけなら、レンタカーを借りて運び出す配送も出来るかもしれません。友人や知人に軽トラックを持っている人がいたら運搬してもらうチャンスで、ラッキーです。

 

大きなタンスには結構沢山引き出しがありますので運搬は大変ですね。
運ぶ途中で引き出しが開いて足の上を直撃なんて事態になれば、せっかく安く引っ越ししようと思っても治療費が必要になる場合もあり得ます。
引き出しは必ずテープなどで固定してから運んで配置してください。

 

タンスを運ぶ際に引き出しの中をどうするか迷いませんか?
もし中身が軽いものであれば、そのまま運ぶ方法が可能です。

 

しかし重いもの、パンパンに詰っているならやはり一度ダンボールに梱包したほうがいいですね。衣類でもたくさん入れるとかなりの重さで運搬は難しくなります。
最近は引越し業者も進化したダンボールボックスを作っています。ハンガーのままつるして配送できるダンボールボックスなどは引越しの際にスーツやコートを運ぶのに大変便利です。
引越し業者に便利なダンボールボックスで配送してもらえるか聞いてみるといいかと思います。
こういう小さなサービスの差がありますので、引越し業者を選ぶ際は値段だけでなく手順や宅配方法、格安かどうかもという点も考慮してみてくださいね。

 

 

大型家具の配送運搬

 

さて、大型ベッドやタンスの配送の話に戻ります。
大型家具はたまに玄関から搬入できない場合は運搬が搬入が困難です。
我が家でもソファを買った際に玄関を通り抜けるには家具がぶつかってできなかったためにベランダからの搬送になりました。
我が家は1階だから良かったですが、運搬がもし4階であったらなかなか骨の折れる作業が待っていると思います。

大型のソファーの配送

エレベーターのない物件の4階への大型家具の輸送はなかなか大変です。そういう場合はクレーンや専用はしご車などで窓から搬入を試みるなど、引越し業者のプロの技が何とかしてくれます。しかし、引越しの際にあらかじめ大きな家具が廊下や玄関を通り抜ける動きが配送スペースがあるかどうか、シュミレーションをしておきましょう。
もし通り抜けができない場合は引越し業者に配送の相談をして安い方法を相談しておきましょう。

 

吊り上げでも搬入出来ない場合は、ベッドや食器棚をあきらめるかバラバラにして組み立てるなどの選択肢になります。
とにかく大型家具の引越しは、思っているように大変な作業です。
転居のときに図面があると便利です。大型家具が部屋にはいるのか格安の引っ越しなるのか何日かかるか業者がいつ来るかなど、web見積もりで状況を把握すると後悔のない引越しにできます。部屋探しの時点から病院やコンビニ、スーパーなどの方角も不動産屋で確認しておくとよいですね。

 

バラバラにして運ぶ

 

バラバラにして配送といえば、ベッドがそうなのですがご存知ですか?
家具屋で売っている大きなベッド、子ども部屋や寝室に運ぶのは大変ですよね。しかしベッドは分解して運ぶ作業が出来るようになっています。
引っ越し専門であれば毎日のように行っているので簡単な作業だと思いますが、素人にはかなりの重労働になると思います。

 

なんとか分解して運んでもまたそれを同じように組み立てできるでしょうか?
ネジもたくさんあるのでとても大変ですし、もし最後にネジが余ったらどうすればいいのでしょう。ネジの不足はベッドの強度にもかかわりますので、あまり素人にはオススメしません。
配送業者にはベッドをばらしてまで輸送してくれるところはあまりありませんから、大型のベッドも運送してくれる会社を選びましょう。安い業者に頼むときもあらかじめ組み立ての方法などを確認しておくと安心です。
資金的に少量の荷物しか依頼できないとしてもマナーとして手伝いや気つけなどは用意しておくといいですね。

 

 

家具屋好きの壁収納キャビネットの運び方

ベッドの配置

家庭用洋品店に行くのは好きですか?
私はインテリアが好きでよくフラフラと家具屋に行って、新商品を見るのが好きです。
最近はニトリやイケアなどカジュアルで低価格な家具屋があるので、気軽に家具を買えるようになりましたね。自分で組み立てるため、かなりお安くカワイイ家具が手に入ります。期間があまりないときは一括で取り揃える家具ショップが近場にあると何日前までに準備しないといけないと期間を整理できておすすめです。

 

マンションやアパートなどの賃貸物件には案外収納が少ないため、壁面収納や天井まで高さのある本棚にとても憧れます。
壁一面に本棚を設置してコミックカフェのごとく配置してあるお宅は心底羨ましい限りです。
大型家具を買うのは、引越しする時を考えてしまうのでやっぱりちょっとためらってしまうのです。

 

お子さんがいる家庭では、成長の度に大きな家具が増えて行くと思います。
幼稚園の時は特に何も必要なかったものが、小学生になると学習机・ランドセル置き場・子ども専用のタンス、さらに中学生になると自分の部屋が欲しいと言われ、ベッドを購入したりします。
お子さんが2人以上いるご家庭は、2段ベッドを購入される方も多いですね。
このように家族が多いとどうしても大きなベッドや食器棚、リビングテーブルが増えてしまうものです。一度大きな家具を購入すると簡単には引越しできなくなりますし、今よりも狭い部屋に移動するのも難しくなりますね。

 

そこで最近人気なのは、ロフトベッドなどの場所を有効活用できる多機能な家具です。
ベッドをロフトにすると、下のスペースをデスクにしたりソファーにしたりとかなり便利に使うことができるのです。もちろん収納スペースを確保したものもあります。
日本の部屋割りは6畳部屋が多いですから、部屋をスッキリさせつつ機能性の高いロフトベッドはかなり便利です。
多くのロフトベッドがスチール製なので、分解したり組み立てたりも簡単で運び安いし運搬が楽です。

 

昔はこんな家具は無かったので、私はソファーベッドを愛用していました。
普段はベッドとして、友人が遊びに来るときはソファーとして使っていました。これはこれで場所を有効利用できたのでとても便利でした。
しかし昔のソファーベッドはとても重く、移動させるのも大変でした。実家を出た際に母が処分したそうですが、ソファーベッドは分解できず大変だったし安いわけがないと言っていました。

 

もし持ち家であればもう引越しする可能性がほとんどないわけですから、壁面収納でも天井まで本棚でも、大きなキングサイズのベッドでも購入できます。
ガラスのキャビネットなども素敵ですね。
病気になったときに100均で自力で用意できるように頭痛の種は取り除いておくことが重要です。母子家庭だと子供が疲れたと騒ぐ場合もありますので日程は前日ではなく余裕をもってとりかかりましょう。めんどくさいとか激安だからと言って道路使用許可をとらないで道路を塞いでしまってはいけません。

 

 

 

 

畳のある和室のデザインについて

 

日本の部屋も様変わりして、畳のある和室がどんどん減っているそうです。
昔はとにかく部屋数が多い間取りが人気でしたが、今は家族が集えるリビングダイニングなど大きな部屋が人気となっています。

 

それに伴い、大きな家具が置けるスペースができるようになりました。
昔は芸能人しか置けなかったような大きなソファーセットを置いてあるご家庭も増えましたね。家族団らんに一役かっています。

ソファーセット

さらに賢い子を育てるためには、自分の部屋で勉強するよりもリビングで勉強したほうが
効率がいいという話もあります。
リビングで勉強させるには、それなりの大きなダイニングテーブルが必要ですね。
部屋の大きさの変化とともに、おおきなグッズも段々と大型になるつつあるのかもしれません。
我が家のリビングテーブルは1枚板の特注品で重さがかなりあるため、一人で場所を移動できません。

 

引越しの際はこれを運ぶだけで追加料金が取られてしまうのではないかと心配になります。
大きな水槽や電子ピアノ、ダイニングテーブルなど規模の大きなものが増えてきましたので、引越の費用が心配になるところですね。
実際は荷物の重さでは追加料金を取られるという話はあまり聞きませんが、大きすぎてベランダから吊り上げなければ出せないということになると追加料金がかかり安いとはいえなくなります。
自分のライフスタイルに合った家具を選びたいものですね。
積みきりサービスや一時保管、不用品回収などの特別なプランを使ったり、ママ友に上げたり、安値で買い取ってもらったりして引っ越し料金を安いように押さえていくことも大切です。

 

 

転勤に伴う引っ越しの費用負担

 

日本では大きな会社に就職すると転勤がつきものです。
転勤族になるとなかなか物を買うことができないと言いますね。確かに大型の家具を購入すると引越しにかかる費用が高くなりますのでためらいますね。

 

お子さんが小さいうちは旦那さんの転勤について行くという奥様も多いですが、お子さんが小学生になると単身赴任を選択する家族も多くなりますね。
数年おきに大きな引越しがあるのは大変ですし、お子さんが大きくなるとタンスや学習机、ベッドの購入など大きなものがどうしても増えますので動きにくくなりますね。
学校を何度も転校するのも可哀相で、単身赴任を選択するものわかりますね。

 

ありさんやカルガモなどの大手の会社にはおそらく転勤費用を負担してもらえることでしょう。小さな赤帽や街の引越し屋さんはどうなんでしょうかね。
住所変更するのにも引越し先が見つかってないときめられないさかい、早めの退去は控えておきたいところです。
増税もあることですから、持っていくものを少なくして引っ越す料金を低くする努力が必要なので平日や仏滅などの日も考えてどこからお金を用意するかも計画しておきましょう。楽天ポイントが付いたり片付けの作業時間が特典でついてきたりとキャンペーンによって変化します。初めての比較のときはベッドのみでも連絡して時間を取って訪問見積もりも検討して電話比較することもマニュアルとして安い方法なのです。

 

1週間前には物件探しも終わって契約しておくことです。いつまでに段取り良くすすめるか前夜になって家電が動かせないとか駐車場が確保できてないとかいうことがないようにしましょう。ハイエースでピストン輸送で運ぶ場合であっても一覧にして見積りを比べることがうまくいくコツです。

 

引っ越しするときは運搬会社の人に心づけを渡しておくと3月末の忙しい時でも費用がかからない方法を考えてくれることも有ります。
相手はアルバイトかもしれないので価格以上の仕事をしてもらえるように段取りしておくとメリットが有ります。その点は労力を惜しまないことが予算減額の成功の秘訣です。段ボールは書籍を入れる場合は小さい箱にしましょう。ダンボールが持っていく物の中で重いものという認識がないので50キロとかあると怒られますよ。

 

部屋掃除は即日おこなうといいですね。ピーク時では業務が反圧に成りがちですが、トラブルにならないようにしていですね。移動して運び入れたいところですが、出る賃貸物件ならなおさら確認しておきたいですから、荷物預かりでも日にちを調整してでも後片付けが重要です。ゴミ屋敷だと捨てる作業が多くなるので大型のベッドは解体して予め部屋をクリーニングしておくことで経費を削減することができるので廃棄できるものは処分しましょう。

 

家具の運搬を安い業者に頼む方法は配送を格安にできる業者の一覧を手に入れることです。つまり、一括見積もりで家具が安い運搬方法で手配してくれるところを探すことが運搬を激安にする近道です。

 

 

無料見積もりで家具の運搬を安いと思う理由

 

引越しするときに見積もりを取るのが面倒ででほとんど見積りを取らない人が多いのが事実です。電話をしても繋がらなかったり、無料でなかったり、プレゼント言ってダンボールを置いていかれたりして、見積もりを2社とかしか取らないことが多いですね。コンテナで運ぶことや混載便やあいのり、積み切り、詰め放題などを知らない人も多数います。

 

持ち物が多い人は依頼するのも億劫になると言われています。安い料金で家具を配送してもらった方がいいですよね。
前準備としてはできるひとはベッド解体をしておく、ごみは処分して大型の洗濯機だけ運ぶなど0円でできることは率先してやると最安値の引っ越しに近づくことができます。タイミングも重要と言われますので、スケジュールを確認しながららくらく運搬することができる安い日のにっていでライフラインを組むと電話番号や遠距離確認などで運勢よくムービングが出来ます。粗大ごみは見積もりでの費用がかなり違ってくる所なので、とくに全部おまかせで安い配送をしたいときは注意が必要です。リサイクルできるものは逆に引き取りたい場合もあるので相談してみましょう。

 

チェックリストを作って割引も想定しながら近距離や遠距離などを考えてすすめるとグッドですね。

 

 

引越しのあいさつの時期

 

引越しのあいさつ

 

引越しをしたら、ご近所へ挨拶に行きましょう。

 

一軒家の引越しは特に、賃貸物件よりも長く住む可能性が高いので、ご近所付き合いは欠かせません。
第一印象はとても大切ですから、必ず行きましょう。

 

そしてマンションやアパートに引越しされる方も、周囲にどんな人が住んでいるのか知っておいたほうが安心ですし、生活音はお互い気になりますから挨拶はしましょう。

 

では一体どのタイミングで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

一般的には、引越しのあいさつは引越し当日か遅くても翌日だそうです。
案外早くて驚きませんか?

 

なぜそんなに早く行くのかと言うと、後になればなるほど挨拶に行く前にバッタリ住民に会ってしまう可能性が高いからです。
ちゃんとした挨拶に行く前に軽い挨拶を交わすと逆に行きにくくなってしまうので、挨拶は早めが良いのです。

 

ではどこのおうちまで行けばいいのでしょうか?

 

一軒家なら向こう3軒両隣の計5軒にあいさつに行きましょう。
マンションやアパートなら自室の上下左右の部屋にあいさつに行きましょう。

 

他にも管理人さん、大家さん、自治会長さんなどが近くにお住いの場合はご挨拶しておくといいですね。

 

では手土産はどうしますか?
手ぶらで行く方もいますが、500円程度のお菓子やお茶、コーヒー、タオル、洗剤などの消耗品を持って行くのがオススメです。

 

挨拶はお早めに!

 

 

冷蔵庫 搬送 タンス 引っ越し