大型,家具,台風

引越しと台風

引越し 台風

 

引越し日の天気を選ぶことはできません。
大雨になるかもしれませんし、大雪になるかもしれません。

 

一番困るのは、台風が直撃する場合です。
台風などの悪天候の時、引越しはどうなるのでしょうか?

 

普通の雨や雪の場合は晴れの時よりも時間はかかるかもしれませんが、引越しは普通に行われます。
家財が濡れないように対策をしながら、荷物の運搬・配送を行います。

 

例えば家の中に防水マットを敷いたり、タオルで拭きながら作業したり、替えの靴下を多く持って行って作業に当たるそうです。
でも引越し業者のスタッフだけでは気が回らないこともあります。

 

水分に弱い電化製品や革製品は、梱包の時にしっかりビニール袋に入れて濡れないように自分でも対策しておきましょう。

 

さて台風のときですが、これ場合は引越し業者と話し合いで決めましょう。
連絡を待つのではなく、こちらから連絡しましょう。

 

なぜなら引越しの前日からはキャンセル料がかかることがあるからです。キャンセルの可能性を考えて、早めの連絡を。
台風が発生して、お住まいの地域や新居に直撃するという予報が出た段階で相談しましょう。

 

たとえ荷物をトラックに積み込めて運送できたとしても、台風のせいで依頼者が新居にたどりつかない可能性もあります。
飛行機の欠航や新幹線が運休することもあるので、どうするべきか話し合いが必要なのです。

引越しと台風

引越し 台風

 

引越しの時の天気を選ぶことはできません。

 

もしかしたら物凄く大雨になるかもしれませんし、大雪になるかもしれません。
でも、一番困るのは台風直撃の時です。

 

悪天候の時、引越しはどうなるのでしょうか?

 

普通の雨や雪の場合は、なるべく家財が濡れないように対策をしながら荷物の運搬・配送を行います。
防水マットを敷いたり、タオルで拭きながら作業したり、替えの靴下を持って作業に当たるそうです。

 

でも水分に弱い電化製品や革製品は、梱包の時にしっかりビニール袋に入れて濡れないように自分でも対策しておきましょう。

 

さて問題の台風ですが、これは引越し業者と話し合いましょう。
引越しの前日からはキャンセル料がかかることがありますから、台風が発生して直撃の予報が出た段階で相談しましょう。

 

遠距離引越しの場合、たとえ荷物をトラックに積み込めたとしても依頼者が新居にたどりつかない可能性もあります。
飛行機の欠航や新幹線が運休することもあるので、どうするべきか話し合いが必要なのです。